今期生(09/11月~10/03月) O さん (男性、20代)
 
 認知症である祖父への理解を深めようと思い参加しました。
 ホームヘルパーの勉強と言うと一見難しそうに聞こえて、始める前はかなり身構えていましたが、実際に講義を受けてみるとそんなことはなく、毎回先生方が専門用語や基本技術を噛み砕いて教えてくださり、大変わかりやすかったです。
 また、特別養護老人ホームへ実習に行きました。そこで印象的だったのは「人との繋がり」です。施設の中には認知症の方が多くいらっしゃいました。認知症と聞くとなんだか悪いイメージしか持っていませんでしたが、入所されている利用者の皆様と接すると、驚くほどハキハキした調子でお話をされる方が多くいらっしゃいました。話の内容は、やはり同じことの繰り返しが多かったですが、お話しされているときの利用者様の表情はとても明るく、「来てくれるいろいろな人とお話しするのが幸せだわ」とおっしゃっていました。
 中には、発語が出来ずにベッドで寝たきりの利用者様もいらっしゃいました。その方は、私が近付いてご挨拶すると、こちらの眼をじーっと見つめて、それから、手を差し伸べてきました。私がその手を握ると、その方はにっこり笑みを浮かべて、握った手をぎゅっとしました。私はたとえ発語が出来なくてもこうやって人とつながっていたいんだなぁと思い、感動しました。 ホームヘルパー2級の講座は、ただ単に知識や介護技術が身に付くだけではありません。自分自身が成長できる良いチャンスだと思います。この講座を通じて私はたくさんの人に出会いたくさんのことを学びました。 まだまだ人生経験は浅いですが、この講座をきっかけにさらにはまた意欲的に成長していきたいと思っています。