去る6月15日 茅ヶ崎歯科医師会主催の「歯科からつくる健康長寿社会」と題する講演会がございました。
、茅ヶ崎市・寒川町に歯及び口腔の健康づくりの推進に関する条例が同時に制定されました。

8020運動{80歳になっても20本歯を残そう!}の推進 
歯と口腔の健康づくりに携わるボランティアの育成
口腔がん検診

kenshu140617aなどなど毎日の食事を美味しく、口から食べる喜びと、全身の健康に口腔・歯の機能維持が大変重要である点を、
神奈川県、茅ヶ崎市、寒川町他総出で積極的に取り組み、高齢者だけでなく、すべての市民町民向けに動いてくださっています。 今回は日本歯科医師会の会長 大久保 満男先生招いての講演で、世界的にも日本の歯科医療が進んでいる点や
歯と肺炎、歯と認知症など違うと思われるところが、実は深くつながっており、口腔ケアなどが大変重要な点や
興味深いのが、義歯に保険がきく国は世界的にも大変珍しいという話など拝聴させていただきました。
来賓には茅ヶ崎市長・寒川町長だけではなく、衆議院議員や県議会議員、市議会議員の先生方も多数列席され
茅ヶ崎歯科医師会の先生方や市民あわせ200名程の参加だったと思います。
近く似たような講演や、様々な歯や口腔に関する活動が催されることと思いますので、是非皆様も8020をめざし
取り組まれてはいかがでしょうか?

kenshu140617b



後段に当法人 松林ケアセンター所長の後藤 光子が健口体操普及ボランティアの一員として、健口体操のデモンストレーションや パ・タ・カ・ラ体操{興味のある方は検索してみてください!}を参加者と行わせていただきました。