床ずれが出来ると介護される側も介護する側もとっても大変です。
 
まずは床ずれが出来ないように予防しましょう!
 
介護保険で様々な福祉用具のレンタルが出来ますが、その中で今回は床ずれ予防具の最新機器について株式会社モルテン様、株式会社イノベーションオブメディカルサービス山崎様より説明を事務所内にて行って頂きました.
molten
床ずれ{褥瘡 ジョクソウ}はNPUAP分類で各ステージ別に深さや状態が示されています。
 
褥瘡は皮膚の血流遮断など様々な要因から{圧迫、擦れ等も} 容易にできてしまいます!
 
仮に寝たきり等で身動きが取れないと布団などに接している面{圧迫されている個所}のどこでも可能性があります。*後頭部、耳たぶ、踵、仙骨、肩甲骨、、、検索すると患部写真がインターネット上で見られるかもしれません。
 
褥瘡悪化により皮下組織の壊死が進むと骨まで達します。。。除圧のために、2時間おきに体位変えるなど介護が必要になるため、まずはできないように予防が基本です。
 
今回説明していただいたモルテンのステージアという床ずれ予防具はウレタン床ずれ予防具と
 
空気で膨らむエアマットの良いところを併せ持った商品とのこと。さらに夏涼しく、冬暖かく快適かつ床ずれ予防効果の高い機種だそうです。
 
 
 
福祉用具は様々な機能を持った商品がどんどん開発されています。
 
いままでお困りだった点もうまくケアマネージャーやヘルパー、福祉用具専門相談員などに相談していただくことで改善できるかもしれません。お困りの点はまずはご相談くださいませ。